読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうすんぼ

宮崎の田舎町、都農町についてとその他色々

このブログについて

 当ブログでは宮崎県の中部にある田舎町、都農町に関連する事柄についてを記事を書いていきます。記事の中心は民俗的あるいは歴史的なものとなりますが、都農町の魅力についてもPRできたらと思います。

 ちなみに当ブログの名前になっている「ひょうすんぼ」とは、カッパのことです。都農のあたりではカッパの伝承がいくつかあり、河童塚という塚もあります。記事としてまとめたので、興味のあるかたは読んでいただけるとうれしいです。

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

 

 なお私は都内在住の大学生であり、都農についての細かい質問についてはお答え出来ないかもしれません。ご容赦ください。

f:id:ekusuto168:20160822113157g:plain

みやざきコンスマガイド -都農町-

 

都農町観光協会

古代日向の国

「古代日向の国」 西都原古墳研究所所長 日高正晴、1993年、NHK BOOKS

Amazon CAPTCHA

 

 古代日向の国がタイトルではあるが、内容の中心は児湯地域となっている。西都原古墳研究所所長が著者ということもあって西都贔屓な記述なのではないかと感じなくもないが、児湯地域を中心として取り扱った本は少ないので参考になった。

 以下に気になった部分をメモする。

 

第Ⅰ章の三で日向が本来は豊の国であり、西都がその中心であったと推定。現在の大分宮崎における豊日文化圏。

p82 都農に「つのう」というるび。

p90 「つのう」というるび再び。

 積石塚が都農の明田地区の海沿いにある。これは九州では都農だけで、東北アジアから影響を受けた可能性を指摘。

p140 「児湯郡神社取調書」によると西都の三宅神社を西都農神社と記していた。

p182 平群という地名から平群氏の存在を推定。(平群氏は5世紀のヤマト政権で力を持った氏族)

p196,197 日向系皇統の存在とその敗北。

f:id:ekusuto168:20170403235845j:plain

p200~207 物部、中臣の両氏の出自を豊後国直入県(現大分県竹田市)に求める。太田亮氏の説を引用し展開。

p207~p212 都農についての記述。この神社には、古くから「祝」の家柄として都農神に仕えてきた三輪氏が存在する。

 物部氏にまつわる話しが都農に多いのを、先の物部氏の出自が直入県にあったという説に求める。(ex尾鈴神社の祭神が饒速日、磐船)

p212~226 三輪山説話(大蛇の子を産む話)と祖母岳に伝わる説話との類似性を指摘し、それが朝鮮半島最北端がルーツだとする。伝承の比較をして九州に伝わったのが先で、ヤマトにはそのあと伝わったのではないかという説を提唱。

 

都農の方に聞きたいこと 改訂版

 以前も同様の記事を作成したのだが、半年以上経って聞きたいことも変化したので、改めて作ることにした。

 各質問に関連した記事を質問の下にリンクしたので、興味のあるかたは覗いてみてください。

 これらの質問以外の関することでも何かありましたら、コメントしていただけると幸いです。

 

尾鈴山を「ささが丘」や「ほこの峰」と呼んだこと、あるいは呼んでいるのを聞いたことはあるか。

 1955年の都農町史にそう呼ぶとする記載があった。

日向国都農町史 - ひょうすんぼ

 

②「湯ノ本」の地名の由来について聞いたことはないか。

言い伝えが二つあり、信憑性がありそうな言い伝えより、信憑性がなさそうな言い伝えが膾炙している。

湯ノ本 - ひょうすんぼ

 

③「勘十爺が頭」という言葉は今でも使うか?

 都農では以前は「勘十爺が頭」という言葉を使っていたそうだが、今の若い人はほぼ使っていないように感じる。

勘十爺の頭 ※追記あり - ひょうすんぼ

 

④都農を「つのう」と呼んだり聞いたりしたことはあるか

 1970年以前の資料において都農に「つのう」とるびが振られることが多い。

都農の読み - ひょうすんぼ

 

⑤津野という地名を都農で見たことがあるか
 江戸中期までは明らかに都農とは別に津野という地名が存在していたが、江戸後期には消えている。

「都農」の由来について - ひょうすんぼ

 

⑥都農神社で饒速日命ニギハヤヒ)を祀っていたという話しを聞いたことはないか

 尾鈴神社の祭神は饒速日命であり、惣国風土記には都農神社で饒速日命を祀っていたという記述あり。惣国風土記偽書の可能性が高いとされているが、何の根拠もなく饒速日命を祭神とするであろうか。

日向国都農町史 - ひょうすんぼ

 

⑦都農の夏祭りでは何故太鼓台をぶつけているのか聞いたことはないか

 例えば兵庫県にある妻鹿のお祭りでは、神功皇后が船についた牡蠣を落とすために船をぶつけたのを起源としている。

都農の祭り - ひょうすんぼ

 

⑧「ひょうすんぼと粽」という伝承を聞いたことはないか?

 都農町史に「ひょうすんぼと粽」という話があるという記述があったが、話しの中身が掲載されていない。

 

 三輪さんがいらっしゃれば

⑨三輪という苗字を名乗っているわけ、あるいはどこかから移住して来たかなどという言い伝えを聞いたことはないか
 都農神社付近に異常に三輪姓が集中しており、移住してきた可能性が高い。

都農神社と三輪氏 - ひょうすんぼ

 

三輪姓が高密度分布を示す市町村の一覧表

f:id:ekusuto168:20170108001458g:plain

(日本苗字分布図鑑 http://myozi.web.fc2.com/autumn/zukan/frame/f000403.htm

郡衙

 三輪貞夫さんが編集した「神社探訪 都農」に興味深い話しが載っていた。以下は太字は引用

 

ある識者の説

 滝神社の近くには、弥生時代の竪穴式住居跡の一部が確認された境ヶ谷遺跡、古代土器の出土を見た京塚、黒石などの遺跡が存在しており、ある識者は、不明としながらも「日向の国一之宮都農神社があり、その西に西の郡という集落があることから都農神社付近に駅家を兼ねた郡衙の存在を指摘し、当駅の比定はこれに続く児湯駅、当磨駅を何処に比定するか、また国府に駅家があったのか否かという問題と密接にかかわる」と述べている。

 

 都農に遺跡が多いのは確かに事実である。しかし川南、高鍋、西都に比べれば古墳の数は少ない。遺跡と古墳では時代が違うという反論もあろうかと思うが、郡衙や駅家という律令制が展開されてからの時代について議論する以上、弥生時代の遺跡よりも古墳を重視すべきである。

 補足すると郡衙とは郡の統治の拠点であり、現在の市役所のようなものである。ここでいう郡衙とは児湯郡郡衙を意味すると思われるが、同じ児湯郡国府国分寺を有する妻が存在する以上、都農に郡衙の存在があったと考えるのは厳しい。

 駅についても補足すると、古代の官道上に設けられた施設で、馬の交代などを行った。都農駅(去飛駅と記述されているが、都濃の草書体を誤記したとする説が有力)は都農にあったとして間違いないであろう。当磨駅は佐土原だと推定されている。

 西の郡という集落がどこにあるかはわからないので、これについては調べてみたい。

延岡の諸神社

1.三輪神社

 三輪氏の痕跡が見られる地ということで行ってみた。五ヶ瀬川沿いに延岡市街地から登っていき、ちょうど高速の下のあたりにある。祭神は三輪系ということで大己貴命である。

 神社そのものは地域にある普通の神社という感じがしたが、この地は下三輪という地名であり、地名からして三輪氏の痕跡が感じられる。

 神社の前にあった碑によれば養老2年(718年)にすぐ裏手の山のほうにある青谷城から移転して来たという。ということは718年より前から三輪氏の勢力がこの地にあったということになる。興味深い。

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 三輪神社(みわじんじゃ)

f:id:ekusuto168:20170324215952j:plain

f:id:ekusuto168:20170324215953j:plain

 

2.神さん山(祝子川)

 延岡市内ではあるがかなり外れており、祝子川温泉のすぐ近くにある。祝子川は「ほうり」と読むのだが、ホオリノミコトの産湯にこの川の水を使ったことからこのような地名がついたという。

 洞穴遺跡とも言うらしく、その看板を目印に階段を登っていく。巨石信仰のようで、写真の二つの巨大な岩が御神体となっている。この二つの岩の間では縄文時代に人が暮らしていた痕跡があるらしい。

わけあって延岡 | 美人の神が産湯として使った聖流 「祝子川」が流れる渓谷

f:id:ekusuto168:20170331010500j:plain

 

f:id:ekusuto168:20170331010328j:plain

f:id:ekusuto168:20170331010425j:plain

 

日向国都農町史

 「日向国都農町史」,都農町教育委員会, 1955年

 1998年に発行された都農町史の一個前のものにあたる。現在の都農町史に比べると薄く、200ページにも満たない。記述には推論や確証のない話が多く、現在の都農町史に載っていない内容が多い。その意味では大変参考になる。

※以下太字は引用

 

 饒速日命の伝説としては、尾鈴山に残されています。尾鈴山は命が御降臨なつた所で、同山中の都農崎―吐濃崎―に現在ある、長さ三十五尺、横の最も広い所が十二尺、高さが十二尺のもので、「石舟」と言つている大きな石は、命が御降臨の時に御用いになつた天磐船であると言われております。その下手に当る矢研滝は御ほこを研がれたと伝えるところであります。

 

 矢研の滝に伝わる伝承は現在では神武天皇のものになっている。しかし根拠はないが、この饒速日命の伝承が先に存在していたのではないかと思う。ここに出てくる、都農崎は矢研の滝の上流にあると思われるが、以前行こうとした時に封鎖されていて行くことが出来なかった。

 

 考えますとき、饒速日命を尾鈴神社の祭神としたのは、日向国風土記日向国」にあって、

「この山のある所を、速日の峰と言う。昔、大神の御瓊々杵命の兄の饒速日命がこの山の峰に御降臨されたので、速日という」。

また、都農郷「神あり。都農社と号す、饒速日命を祭る所也」。

以上のような説によるものでありますが、なお、明治十五年の尾鈴神社由緒事項調書に「尾鈴山は年代によって名が変つており、最も古い書によると。日向○○「二字不明」、早日の峰は、櫛玉饒速日命を祭るとあります」。尾鈴山の古い名が、早日の峰、「速日の峰」であると言うことを考えても、その最もであることが推察されるでしょう。

昔から今までに尾鈴山を、速日の峰と呼んでおるのを他の本には見ることが出来ないけれども、その主峰を、ささが丘、またはほこの峰と言うことは、今でも村人たちは伝え言つて

おるのであります。

 

 尾鈴山の名は確かに変わっており、以前は「新納山」とも言った。「速日の峰」と言っていたことは知らなかったが、饒速日命の影響が見られる。尾鈴山を「ささが丘」、「ほこの峰」と呼んでいるのは聞いたことがないが、調査してみたい。

 また日向国風土記の記述が正しいのであれば、古代の都農神社では饒速日命を祀っていたということになる。

※ただし日向国風土記逸文には記述を確認することが出来ず。ここでいう風土記とは何なのか疑問が持たれる。

 

 

 尾鈴の神は時々白馬に乗つて、山の尾を伝つてそして今の都農神社の真上あたりを飛んで、都農の浜にお参りしておられました。その時運の良い者は大空遠くに、白馬に乗られた尾鈴の神を拝むことが出来ておつたといわれております。そして尾鈴の神が虚空を飛ばれる時は、神馬の姿は明月のように、はつきりとながめられ、神馬の胸に掛けた金色の鈴の音は、馬の、いななきの声とともに天空に遠くさえわたり響いていたといわれております。天空高く神鈴を聞くので、新納山の吐乃峰の神をお鈴様と呼ぶようになつたと、これが尾鈴の名が起つた由来であると伝えられています。

 

 ここで「新納山(尾鈴山)」に「吐乃峰」があることがわかる。都農牧神社の岩山に「吐乃峰」を比定したのは誤りであった。尾鈴山に峰はいくつかあるが、素直に考えれば一番高い山頂であると考えるのが妥当なので、「吐乃峰」は尾鈴山の山頂なのだろう。

 

 

西都について その2

1.石貫神社

 西都の市街地から米良方面に少しはずれた地にある。この周辺には神話の伝承地が密集している。地区名が三宅となっているのだが、ヤマト政権の直轄地であった屯倉がその由来だと思われる。このことがその密集と関係しているのだろうか。

 石貫の石は神社の入り口近くにあり、さほど大きくなかったため見逃してしまった。

 

 コノハナサクヤヒメの父の山の神オオヤマツミノカミを祀っています。鬼と「一晩で岩屋を完成させれば娘を嫁にやる」と約束したオオヤマツミが、鬼が完成させた岩屋から1枚抜き取って投げた石が落ちた場所と伝えられています。参道入口にはそのときの物とされる石が据えられています。

伝承地詳細47 石貫神社 西都市|100の伝承地|ひむか神話街道

f:id:ekusuto168:20170404005233j:plain

 

2.児湯の池

 児湯の地の由来となった池。普通の池に見えるが、泥水しかわかなかった西都で唯一真水が湧き続けた池だという。

 

 炎の中で生まれたホデリノミコト(海幸彦)、ホスセリノミコト、ホオリノミコト(山幸彦)の3神の産湯に使われたところと伝えられています。
 また、この池の名が古代日向の国の児湯郡の地名の由来にもなったといわれています。

伝承地詳細39 児湯の池 西都市|100の伝承地|ひむか神話街道

f:id:ekusuto168:20170404005255j:plain

 

3.無戸の室

 コノハナサクヤヒメの産屋の跡。今は大木と石碑のみがある。

 

 コノハナサクヤヒメが出産のために造った産屋(うぶや)の跡と伝えられています。たった一夜で子を身ごもったことをニニギノミコトから疑われたコノハナサクヤヒメは、身の潔白を証明するため、戸の無い産屋に入り、燃えさかる炎の中で3人の皇子を生んだといわれています。

伝承地詳細38 無戸室 西都市|100の伝承地|ひむか神話街道