ひょうすんぼ

宮崎の田舎町、都農町についてとその他色々

このブログについて

 当ブログでは宮崎県の中部にある田舎町、都農町に関連する事柄についてを記事を書いていきます。記事の中心は民俗的あるいは歴史的なものとなりますが、都農町の魅力についてもPRできたらと思います。

 ちなみに当ブログの名前になっている「ひょうすんぼ」とは、カッパのことです。都農のあたりではカッパの伝承がいくつかあり、河童塚という塚もあります。記事としてまとめたので、興味のあるかたは読んでいただけるとうれしいです。

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

 

 なお私は都内在住の大学生であり、都農についての細かい質問についてはお答え出来ないかもしれません。ご容赦ください。

 更新は週に一度毎週土曜日となっています。

f:id:ekusuto168:20160822113157g:plain

みやざきコンスマガイド -都農町-

 

都農町観光協会

目次

年末ということで整理も兼ねて目次を作成しました。

古い記事は後に考えを改めることが多いので、目次にある記事を中心に参照してください。

 

・都農の地名についての考察

都農と津野① - ひょうすんぼ

都農と津野② - ひょうすんぼ

都農と津野③※補足 - ひょうすんぼ

 

・尾鈴山についての広範な考察

尾鈴山について 再考①尾鈴山と都農神社 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考②信仰の起源 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考③尾鈴山と饒速日命 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考④ 尾鈴山の呼称 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考⑤-1 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考⑤-2 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

 

・都農に多い三輪氏についての考察

三輪氏について - ひょうすんぼ

 

・都農神社が一宮であることについての考察

何故都農神社が一宮なのか① - ひょうすんぼ

何故都農神社が一宮なのか② - ひょうすんぼ

 

柳田国男が宮崎を訪れた際に書いた著作に対する批判

「九州南部地方の民風」について - ひょうすんぼ

 

・ブログのタイトルにもなっているひょうすんぼについてまとめたもの

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

都農の方に聞きたいこと 改訂版その2

 以前も同様の記事を作成したのだが、半年以上経って聞きたいことも変化したので、再度改めて作ることにしました。追加した質問は⑥以降になります。

 各質問に関連した記事を質問の下にリンクしたので、興味のあるかたは覗いてみてください。

 これらの質問以外の関することでも何かありましたら、コメントしていただけると幸いです。

 

尾鈴山を「ささが丘」や「ほこの峰」と呼んだこと、あるいは呼んでいるのを聞いたことはあるか。

 1955年の都農町史にそう呼ぶとする記載があった。

日向国都農町史 - ひょうすんぼ

  

②都農を「つのう」と呼んだり聞いたりしたことはあるか

 1970年以前の資料において都農に「つのう」とるびが振られることが多い。

都農と津野① - ひょうすんぼ

 

③津野という地名を都農で見たことがあるか
 江戸中期までは明らかに都農とは別に津野という地名が存在していたが、江戸後期には消えている。

都農と津野② - ひょうすんぼ

  

④都農の夏祭りでは何故太鼓台をぶつけているのか聞いたことはないか

 例えば兵庫県にある妻鹿のお祭りでは、神功皇后が船についた牡蠣を落とすために船をぶつけたのを起源としている。

都農の祭り - ひょうすんぼ

 

 三輪さんがいらっしゃれば

⑤三輪という苗字を名乗っているわけ、あるいはどこかから移住して来たかなどという言い伝えを聞いたことはないか
 都農神社付近に異常に三輪姓が集中しており、移住してきた可能性が高い

三輪氏について - ひょうすんぼ

 

三輪姓が高密度分布を示す市町村の一覧表

f:id:ekusuto168:20170108001458g:plain

(日本苗字分布図鑑 http://myozi.web.fc2.com/autumn/zukan/frame/f000403.htm

 

廃仏毀釈についての話しは聞いたことがないか

 廃仏毀釈について町史には何も書かれていないが、宮崎県特に高鍋藩では廃仏毀釈が激しかったようである。

尾鈴山について 再考⑤-2 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

 

⑦四国の方から先祖が移住してきたという話しを聞いたことはないか

 都農のあたりは四国からの移住者が多かったようである。

四国と都農 - ひょうすんぼ

尾鈴山系

 以前いただいたコメントによって尾鈴山系という観点に気づいた。(詳しくは以下のリンク参照)

呪術信仰という観点 いただいたコメントを中心に考察 - ひょうすんぼ

 尾鈴山は尾鈴山系と呼ばれる山系の中で最も高い山である。そのため尾鈴山に対する信仰は何も都農に限られない。現に尾鈴山の裏手である東郷町出身の歌人若山牧水も「ふるさとの 尾鈴の山の かなしさよ 秋もかすみの たなびきてをり」と尾鈴山について詠んでいる。また尾鈴山系では修験者達が活発に活動していたようで、尾鈴山系の神社同士の交流は活発であったと考えられる。

 尾鈴山系は具体的に、北は日向市の耳川、南は小丸川に囲まれた山岳地帯を指す。以下のGoogle Mapsの青線で囲まれた部分が該当範囲に近い。

 

 その尾鈴山系に位置する神社のうち修験者や尾鈴山信仰と関わりがありそうな神社として、白髭神社と尾鈴神社の他に細神社、熊野神社、市那波神社、仲瀬神社があげられる。

 これらの神社について調べていきたい。

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 細神社(ほそじんじゃ)

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 熊野神社(くまのじんじゃ)都農町

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 市那波神社(いちなわじんじゃ)

宮巡 ~神主さんが作る宮崎県の神社紹介サイト~ - 仲瀬神社(なかせじんじゃ)

民俗学と郷土研究

 

 恐らく郷土研究を行っている人は江戸時代からいたであろうが、流行を見せたのは1930年代に入ってからである。国家主導のもと郷土愛を育み、愛国心を育てるために推し進められた。

 そういった地方の郷土史家達の研究をまとめあげたのが、民俗学者柳田国男である。「日本伝説名彙」として辞書的に各地の伝承をまとめあげ、比較することを可能とした。

 しかしこうした柳田を中心とした民俗学は柳田の死とともに衰退し、現在では柳田の系譜を継ぐものは少ない。現在の民俗学はドイツやアメリカなど外国の民俗学の影響を受けている。現在の民俗学研究の手法については島村恭則氏の「フォークロア研究とは何か」(『日本民俗学』278号、2014年)に詳しい。

 柳田の民俗学が衰退すると一方で地方の郷土史家も減少し、郷土史家達を柳田のようにまとめあげる者も存在しない。そのため各地の郷土史家が孤立しているような状況が生まれている。柳田のように再度郷土史家をまとめあげようという動きもあるようだが、いまだ模索の段階にあるようだ。またネットという新たな伝承の場(下記リンクなど)も生まれつつあり、単に柳田の「日本伝説名彙」を改編するのでは不十分である。民俗学と郷土研究の関係について再考することが求められているように思う。

爺さん婆さんから聞いた幕末明治大正昭和の話5

 

都農の歴史を調べるにあたっての課題

 今まで度々触れてきたと思うが、都農の歴史を調べるにあたって大きな壁が存在する。それらについて整理したい。

 

1、大友宗麟による焼き討ち(1578年)

 島津氏に日向を追われた伊東氏を助けるべく日向に入った大友宗麟は狂信的なキリスト教信者であり、侵攻地の寺社を焼き払った。

 都農もその例外ではなく、都農神社が焼き討ちにあっている。恐らく都農神社以外の大小の神社も焼き討ちにあっていただろう。焼き討ちは徹底的に行われたようで、都農神社は1617年に秋月氏の援助で再建されるまでどこにあるかもわからない状態であったという。

 この焼き討ちのため1578年以前の史料が失われてしまっている。したがってこれ以前の情報は木城以南の焼き討ちにあっていない地域などの情報を参考にするしかない。

 

2、廃仏毀釈(1868~1874年?)

 都農で廃仏毀釈があったという直接的な記述は見ていない。しかし宮崎県は全国的に見て廃仏毀釈が激しかったようで、廃仏毀釈の激しかった藩としてよく都農の所属していた高鍋藩があげられている。高鍋藩主の秋月氏菩提寺ですら破壊され、消失している。

 また都農町の隣にある川南町では廃仏毀釈のあとが明確に残っており、耳川の戦い戦没者を慰霊するために建てられた宗麟原供養塔の地蔵が破壊されている。(大正時代に修復)

川南町 | 児湯郡 | 宮崎県 | 国指定史跡 宗麟原供養塔 | 川南町観光協会

 こういった事実から都農でも廃仏毀釈は激しかったことが想定される。江戸時代の記録と照らし合わせる限り消失した寺院もいくつかあると思われる。慰霊のために建てられた地蔵でさえ破壊し、谷に投げ捨てられたのだから、文書も破棄されただろう。また神社内部でも神仏習合の痕跡が消されたであろう。

 そのため明治以前の文字情報が少なくなってしまっている。

 

 

呪術信仰という観点 いただいたコメントを中心に考察

 いろはすさんから尾鈴山についての記事にコメントをいただいたのですが、興味深い内容であったため個別の返信に加えて記事として取り上げたい。

 コメントは大歓迎ですので、すこしでも何かコメントしたいことがあればコメントしていただけると幸いです。

尾鈴山について 再考⑤-2 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

 

なるほど。おもしろい考え方ですね〜。
古代史の見方はいろいろだと思うけど、興味深いものの一つに、932年の平安時代編集されたらしい倭名云々(省略すみません)という古書に、郷名に解読不明の文字があったそうなのですが、現存する最古の高山寺本によると、『物部』と明記されてあったのだそうです。そうすると、尾鈴山と物部郷は隣接していることになり、児湯郡において古代物部氏たちの動きが想像されます。まあなんとも言えない話ではありますが、都農神社の祀神もスサノオとか、大国主とか、饒速日とか一定しない記述もちらほらあったそうだし、白髭神社に浦島太郎が来た伝承と牛頭天王の配置から見ても、丹波の火明命、古代海部系の天孫系神を、のちの物部氏系や霊術系の信仰で封じ込めていったために、饒速日の存在や大国主の存在が必要になったのかもしれません。真相はそうした点でも藪の中ですが、興味深い先祖たちの動向は時代時代で途絶えながらも途中でリバイバルしたり、紆余曲折してあったのかもしれませんね。考え出すと想像が膨らみます

 

 和名云々は「和名類聚抄」のことだと思われる。

 現在の佐土原付近を指していた「那珂」の異表記として「物部」が「和名類聚抄」には挙げられている。佐土原は尾鈴山とは隣接していないため、他の郷の可能性もある。

 実際に都農神社の祭神について表記の揺れがあるのは確かである。しかしもとは土着の神を祭っていたと思われる。

 物部氏は謎の多い氏族で、全国各地に物部郷があり、畿内のみならず地方にもある程度の勢力を持っていたと思われるが、詳しいことは不明である。

神社史料集成・都農神社

 

 白髭神社との関連性はもっともであり、私が見落としていた視点である。白髭神社修験道の拠点となっており、尾鈴山と同一の山系であることから修験者を通じて都農神社、尾鈴神社と白髭神社は相当の交流があったものと考えられる。

 ただし白髭神社も都農神社と同じく大友宗麟の焼き討ちや廃仏毀釈の影響を受けた可能性が高く、文献資料の保存状況には期待出来ない。なおこのことについては次回詳しく記事にする。

 

 また都農にも浦島太郎伝説は残っている。要約すると以下のようになる。

 乙姫様にあたる方が「津野姫」という名で、都農と縁が深かった。そのため浦島太郎は玉手箱をもらって帰ってくる時に明田の浜に上陸したという。

 浦島太郎伝説には多様な形があるが、丹波国風土記が日本の浦島太郎伝説の原型と言われている。しかし浦島太郎伝説と似たような話は中国やポリネシアなど世界各地にあり、起源は日本にはないと思われる。柳田国男の言うところの世界民俗学にも繋がる話しではあるが、今回は深くは触れない。

 

 私に抜け落ちていたのはご指摘いただいた霊術・呪術的な視点で、何らかの呪術的な価値が都農にあった可能性も否定出来ない。呪術的な価値から都農神社が一宮になった事実や、三輪氏が都農に移住してきた理由も説明出来るかもしれない。

 しかし文献資料が著しく乏しいため真相は藪の中であり、はっきりとこれだと断定出来ないかもしれない。ただわからないからこそ考察していく意義があり楽しいのだと思う。

 

※和名類聚抄

 平安中期の漢和辞書。10巻本と20巻本とがある。源順(みなもとのしたごう)著。承平4年(934)ごろ成立。漢語を意義分類し、出典を記して意味と解説を付し、字音と和訓を示す。

デジタル大辞泉

 以下のリンクで読むことが出来る。

国立国会図書館デジタルコレクション - 和名類聚抄 20巻

 

白髭神社

 川南の神社。詳しくは以下の記事を参照してください。

川南の諸神社 - ひょうすんぼ