ひょうすんぼ

宮崎の田舎町、都農町についてとその他色々

このブログについて

 当ブログでは宮崎県の中部にある田舎町、都農町に関連する事柄についてを記事を書いていきます。記事の中心は民俗的あるいは歴史的なものとなりますが、都農町の魅力についてもPRできたらと思います。

 ちなみに当ブログの名前になっている「ひょうすんぼ」とは、カッパのことです。都農のあたりではカッパの伝承がいくつかあり、河童塚という塚もあります。記事としてまとめたので、興味のあるかたは読んでいただけるとうれしいです。

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

 

 なお私は都内在住の大学生であり、都農についての細かい質問についてはお答え出来ないかもしれません。ご容赦ください。

f:id:ekusuto168:20160822113157g:plain

みやざきコンスマガイド -都農町-

 

都農町観光協会

都農のゲストハウス

 都農駅がリニューアルしたそうだ。8月になれば夏休み入るので、ジオラマも見に行ってみたい。

都農駅がリニューアルしました - 日々の都農

 

 都農にはあまり宿泊施設が多くない、最近出来た国道沿いにあるホテルAZと駅前の亀屋、町中の大黒屋のみである。

 私は一人で旅行するときにはゲストハウスに泊まることが多い。大抵一泊2000円程度と安く、また同年代の宿泊客と交流出来るからである。

 調べてみたところ都農にもゲストハウスがあるようである。(以下のリンク参照)ただ都農の中心部から大きく離れている。

ゲストハウス ロトハウス:So-netブログ

 春に港を自転車でふらふらしていたら、港の北端でゲストハウスと書かれた看板を発見した。あとで調べればよいと思いその場で確かめなかったのだが、ネットで調べても出てこない。

 もし知っているかたがいたら詳細を教えていただけると幸いです。

 

 

南原繁と折口信夫 その四

 一応柳田の祖霊信仰(固有信仰)が神道の普遍宗教化につながる可能性について考えてみる。祖霊信仰はその名が表すとおり、祖先信仰が根底にあり、丸山の南原に対する批判がそのまま当てはまる。柳田の祖霊信仰においては氏族的な性格は弱められているという反論があるかもしれないが、日本的な習俗が背景にあるわけで普遍宗教とは言い難い。またそもそも柳田は祖霊信仰の普遍宗教化を企図していないだろう。

 ここまでみてきたことを踏まえると神道の普遍宗教化は難しいように感じますが、その三で指摘したように柄谷の批判にはやや的外れなところがあります。そう考えると折口の志向した祖先信仰を脱却した形での神道の普遍宗教化は可能性がないわけではありません。

 ここで思い浮かぶのが天理教金光教といった教派神道ですが、現在徐々に勢力を落としており、普遍宗教と呼べる存在にはなりそうにありません。また宗教的なカリスマが生まれる可能性がそう都合よく世に出てくることもないでしょう。

 しかし経済成長が鈍り、個人のアトム化が進む一方で寄るべきよすがを持たない日本人は、もう一度普遍宗教について考えてみる必要があるのかもしれません。

 

 書き始めと考えがかわったため尻切れトンボのような終わり方になってしまいました。

 自分の中で考えがまとまり次第加筆します。

 

 

南原繁と折口信夫 その三

 折口信夫神道普遍宗教化については柄谷行人氏が「遊動論 柳田国男と山人」において批判している。ただしタイトルにもあるようにあくまで柳田国男論が中心で、柳田国男の固有信仰と対比する形で折口を批判している。(第四章の5 p157~166)

Amazon CAPTCHA

 

 該当部分の要約

 折口信夫神道から祖先信仰的なものを取り去れば普遍宗教化出来ると考えているが、祖先信仰は普遍宗教化の妨げとなるものではない。普遍宗教には神が人を愛するという関係が必要である。例えばユダヤ教はバビロン捕囚の際にそれを神の責任にせずに自らの信仰不足に求めたときに、人が神を愛し、神が人を愛すという関係が生じ普遍宗教となった。

 また折口は普遍宗教化には預言者のような宗教的な人格が必要であるとし、教義理論を重視するが、それは知的類推に過ぎない。普遍宗教化の背景にあるのは世俗的な社会変化である。例えばユダヤ人はバビロン捕囚の際に定住農耕民から遊動的な商業民となった。

 

 まず柄谷は柳田の固有信仰の中核となる先祖崇拝を折口が否定したことを批判している。普遍宗教に愛が必要なことをその根拠とし、例としてユダヤ教をあげている。しかしそもそも普遍宗教に愛が必要だという論理はよくわからない。そもそも普遍宗教という概念は曖昧ではあるのだが。またユダヤ教が普遍宗教だというのには多いに議論のあるところであろう。

 また普遍宗教化の背景には社会変化があるというが、戦後の日本の社会変化の激しさは相当なものであろうし、ユダヤ教はともかくキリスト教誕生当時そこまで社会変化が激しかったとも思えない。

 柄谷の批判は遊動論という観念に引っ張られすぎてやや的外れなものになっている。遊動性を重視するならイスラム教を例に出せば良いのにと個人的には思うのだが…

南原繁と折口信夫 その二

 前回の記事の続きになります。今回は前回取り上げた南原繁折口信夫の論考についての批判になります。

 

 南原繁に対する批判は丸山真男によってなされました。1964年に行われた南原繁丸山真男の座談会において南原は以下のように述べます。 

 民族の個性があって、ほんとうの祖国日本という意味においての民族の共同体はいつまでも残さなければならない。世界の共同体ができても、これを踏まえてのものですね。それはいわば神的秩序だと思う。

 そこに私は、日本の神話なり、歴史を生かす道があると思う。たとえばあの神話においては、われわれの祖先は遠く昔から日本民族の永遠性を信じている。どこの民族もそうでしょうが、ことに神国といっているところに、象徴的な意味がある。

(戦後日本の精神革命)

丸山眞男座談セレクション(上) (岩波現代文庫) | 丸山 眞男, 平石 直昭 |本 | 通販 | Amazon

 

 こういった形で南原は戦後20年近く経っても神道の普遍宗教化を考えているわけです。しかし南原の弟子でもある丸山は気を使いながらもこれを批判します。

 神話に普遍的意味を与えるのは非常に難しいところだと思うのです。「神の国」という概念は、やはり先生は、根本にキリスト教的な考え方から考えられますけれども、日本の実際では氏族神になるのですね。ですから、皇室の祖先だし、どこまで遡ってみても祖先神はやはり特殊者にすぎない。特殊者を越えた、普遍者という観念にはならないのですね。 

(同上)

 日本書紀なり古事記なりを読めばわかりますが、大抵の神様は何某かの氏族の祖先なわけです。例えば饒速日命物部氏の祖先だというように。

 キリスト教における神様を創造していただければわかりやすいかと思いますが、普遍的な神というのは全てを超越した絶対的な存在であって、キリストを除けば誰かの祖先だとかそういうことはないわけです。現実の人と隔絶した存在であるところに普遍性があり、それが民族的な宗教にとどまる神道キリスト教との大きな違いなわけです。

 丸山がここで指摘しているのは日本の神は氏族神であって、人と隔絶した普遍的な神にはなれない。結局氏族、民族の神にしかなれない。そういうことであります。

 これは最もな指摘であるのですが、折口の神道普遍宗教化には柄谷行人によって丸山と真逆の批判がなされるのであります。

 

南原繁と折口信夫 その一

 ネタが尽きつつあるので、論考を。

 南原繁は戦後最初の東大総長を務めた政治学者である。一方で折口信夫民俗学者である。両者はかなり異なる背景を持ち、対談などといった形で積極的な交流を持たなかったと。しかし両者とも同じ時期に同じようなことを考え、発表した。それは神道の普遍宗教化である。

 

 南原は1946年2月の紀元節(現在は建国記念の日)に東大で「新日本文化の創造」と題する演説を行った。

 簡潔に要約する。(簡潔過ぎるので詳しくは読んでいただけると幸いです。)

 敗戦によって戦前の誤った日本精神が崩壊した中で、新たなる精神的変化が必要である。「人間を超えた超主観的な絶対精神」と出会うことで人間はその限界を克服して、真の自由を手に入れられる。それには「新たに普遍人類的世界宗教」を受けいれなければならない。そしてその中で神道の可能性を示した。

文化と国家 | 南原 繁 |本 | 通販 | Amazon

 

 折口は戦争末期から「神道の新しい方向」や「民族教より人類教へ」、「神道宗教化の意義」といった論考の中で神道の普遍宗教化について考えている。「神道の新しい方向」については青空文庫著作権が切れた著作を無料で読める電子文庫)に掲載されていたので、リンクした。

折口信夫 神道の新しい方向

Amazon CAPTCHA

 

 南原の演説は、演説であるため聞き手である当時の東大生には多少なりと影響を与えた思われ、また朝日新聞に掲載され広く読まれた。

 一方で折口の論考はあまり影響力を持たず、折口自身は神道界から追放されることとなった。

 

 戦後70年経った今振り返って考えてみると、両者の切実な願いは叶わず日本に普遍宗教が生まれることはなかった。普遍宗教を生み出そうとする運動すらほぼなかった。急速な経済成長と唯物論無神論の流行によって覆い隠されてしまったのがその要因だと思われるが、それ以外にも理由はある。

 その二で南原、折口それぞれへの批判を検討していきたい。

 

 

日向(市)観光

①馬ヶ背・クルスの海

 以下の写真の切り立った崖の部分が有名。(この写真の部分が馬ヶ背ではなく、岬の突端部分が馬ヶ背と呼ばれている。)

 岬の突端まで歩いていくことが出来る。三方を海に囲まれているため、晴れた日は見晴らしも良く、気持ちが良い。

f:id:ekusuto168:20170519231758j:plain

 

 馬ヶ背から車で2、3分のところにクルスの海と呼ばれる場所がある。

 写真だと少しわかりづらいのだが、岩によって区切られた海が「叶」という文字に見えることから、願いが叶うと言われている。

f:id:ekusuto168:20170519231735j:plain

 

 

②伊勢ケ浜、お倉ヶ浜、金ヶ浜

 日向に来る時は大抵イオンか海だったので、私にとって日向は海の印象が強い。都農には上級者のサーファー向けのスポットはあるが、海水浴用の浜はない。また高鍋には整備された海水浴場があるが、テトラポットの内側にあるため、大きくなると物足りなくなってくる。そのため日向まで来ていた。

 

1.伊勢ケ浜

 伊勢ケ浜は一番波が弱く、幼いころに良く行っていた。そのためあまり記憶には残っていないのだが、サメが出て行っても泳げないことが度々あったことを覚えている。

 先の馬ヶ背とも近い。

 

2.お倉ヶ浜

 小学校の中学年ぐらいからはこちらのお倉ヶ浜に来るようになった。今でも夏には行っている。お倉ヶ浜はやや波が高く、海水浴だけでなくサーフィンやボディボードを楽しめる。

 ここの浜はサーフスポットとして有名で、車のナンバーを見ると県内外から多くの人が来ている。

 

f:id:ekusuto168:20170520000212j:plain

 

3.金ヶ浜

 かなり波が高く、海水浴場はない。サーファー向けの浜になっている。

 先のお倉ヶ浜との関連で伝承が残されている。以下のリンク先では蛤が取れる取れない理由を説明する伝承となっているが、私が親から聞いたのは波の高低の理由を説明する伝承であった。どちらにせよ柳田国男の「日本伝説名彙」に載っていそうな典型的なお話しだ。

みやざきの神話と伝承101:お金ケ浜・お倉ケ浜