ひょうすんぼ

宮崎の田舎町、都農町についてとその他色々

このブログについて

 当ブログでは宮崎県の中部にある田舎町、都農町に関連する事柄についてを記事を書いていきます。記事の中心は民俗的あるいは歴史的なものとなりますが、都農町の魅力についてもPRできたらと思います。

 ちなみに当ブログの名前になっている「ひょうすんぼ」とは、カッパのことです。都農のあたりではカッパの伝承がいくつかあり、河童塚という塚もあります。記事としてまとめたので、興味のあるかたは読んでいただけるとうれしいです。

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

 

 なお私は都内在住の大学生であり、都農についての細かい質問についてはお答え出来ないかもしれません。ご容赦ください。

 更新は週に一度毎週土曜日となっています。

f:id:ekusuto168:20160822113157g:plain

みやざきコンスマガイド -都農町-

 

都農町観光協会

目次

年末ということで整理も兼ねて目次を作成しました。

古い記事は後に考えを改めることが多いので、目次にある記事を中心に参照してください。

 

・都農の地名についての考察

都農と津野① - ひょうすんぼ

都農と津野② - ひょうすんぼ

都農と津野③※補足 - ひょうすんぼ

 

・尾鈴山についての広範な考察

尾鈴山について 再考①尾鈴山と都農神社 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考②信仰の起源 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考③尾鈴山と饒速日命 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考④ 尾鈴山の呼称 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考⑤-1 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考⑤-2 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

 

・都農に多い三輪氏についての考察

三輪氏について - ひょうすんぼ

 

柳田国男が宮崎を訪れた際に書いた著作に対する批判

「九州南部地方の民風」について - ひょうすんぼ

 

・ブログのタイトルにもなっているひょうすんぼについてまとめたもの

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

都農の方に聞きたいこと 改訂版その2

 以前も同様の記事を作成したのだが、半年以上経って聞きたいことも変化したので、再度改めて作ることにしました。追加した質問は⑥以降になります。

 各質問に関連した記事を質問の下にリンクしたので、興味のあるかたは覗いてみてください。

 これらの質問以外の関することでも何かありましたら、コメントしていただけると幸いです。

 

尾鈴山を「ささが丘」や「ほこの峰」と呼んだこと、あるいは呼んでいるのを聞いたことはあるか。

 1955年の都農町史にそう呼ぶとする記載があった。

日向国都農町史 - ひょうすんぼ

  

②都農を「つのう」と呼んだり聞いたりしたことはあるか

 1970年以前の資料において都農に「つのう」とるびが振られることが多い。

都農と津野① - ひょうすんぼ

 

③津野という地名を都農で見たことがあるか
 江戸中期までは明らかに都農とは別に津野という地名が存在していたが、江戸後期には消えている。

都農と津野② - ひょうすんぼ

  

④都農の夏祭りでは何故太鼓台をぶつけているのか聞いたことはないか

 例えば兵庫県にある妻鹿のお祭りでは、神功皇后が船についた牡蠣を落とすために船をぶつけたのを起源としている。

都農の祭り - ひょうすんぼ

 

 三輪さんがいらっしゃれば

⑤三輪という苗字を名乗っているわけ、あるいはどこかから移住して来たかなどという言い伝えを聞いたことはないか
 都農神社付近に異常に三輪姓が集中しており、移住してきた可能性が高い

三輪氏について - ひょうすんぼ

 

三輪姓が高密度分布を示す市町村の一覧表

f:id:ekusuto168:20170108001458g:plain

(日本苗字分布図鑑 http://myozi.web.fc2.com/autumn/zukan/frame/f000403.htm

 

廃仏毀釈についての話しは聞いたことがないか

 廃仏毀釈について町史には何も書かれていないが、宮崎県特に高鍋藩では廃仏毀釈が激しかったようである。

尾鈴山について 再考⑤-2 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

 

⑦四国の方から先祖が移住してきたという話しを聞いたことはないか

 都農のあたりは四国からの移住者が多かったようである。

四国と都農 - ひょうすんぼ

都農と似た地名

 島根県江津市に都農郷とよばれた郷があったという。完全に都農町と同じ漢字と読みである。
 現在でも地名は残っており、都野津駅という駅が山陰本線にはある。2年ほど前に通ったことはあるが、爆睡していたので覚えていない。
 都農との交流は確認出来なかった。

Google マップ

 

 高知県には津野町という自治体がある。津野という地名は以前都農にも存在した。

都農と津野② - ひょうすんぼ

 こちらも同様に都農との交流は確認出来なかった。しかし以前記事に書いたように都農には四国とりわけ高知や愛媛からの移住者が多いと思われるので、もしかしたらこの津野町から都農町に移住してきた人がいるかもしれない。

四国と都農 - ひょうすんぼ

  交流はなくても、同じ町名だからか町のPRの仕方は似ている。

だっつーの(都農町長編) - YouTube

津野だ!つーの! - 津野町観光ネット | 高知県

 

大己貴命と大国主命

 都農神社の祭神は大己貴命(別名 大国主命)ということになっている。

日向国一之宮都農神社公式ホームページ

 

 大己貴命大国主命を単純に同じ神として考えてよいのかという問題がある。古事記には大国主命の一名として大己貴命があげられていることを根拠とすることが多いが、名前が異なるというところにスッキリしないものを感じていた。しっくりくる解釈に出会ったので紹介したい。

 

 世界としては、イザナギイザナミが作りおえたわけで、オオナムチが国作りをになうことがないものとして、第八段は形づくられる。だから、オオナムチは、降臨の場面でもオオクニヌシと呼ばれることがない。「古事記」では、オオナムチは、「大国主」と呼び直された。兄弟たちを追い、地上全体を支配する神となって、国作りを完成する存在だから、そう呼ばれるのであった。いいかえれば、オオクニヌシは、「古事記」の世界の物語のなかではじめて存在したのであった。

 古事記日本書紀 (講談社現代新書) 新書 – 1999/1/20 神野志 隆光

 

 日本書紀古事記は全く別の神話だという説が議論の前提としてある。日本書紀には中国の陰陽論が思想的背景として流れていれ、古事記にはムスヒという思想が背景として流れていると神野志は考えている。

 そもそも記紀神話という形で日本書紀古事記をセットにする考え方自体が新しいもので、明治以降に作られたものである。現在も記紀をセットにする考え方は一般的だとは思うが、神野志隆光以降は学説上は区別する考え方が通説となっている。(そういう話しを聞いたので本当かどうか定かではない)

 大国主大己貴命の呼称の違いも、記紀が別の思想を背景としているものとして考えればしっくりくる。

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9B%B8%E7%B4%80-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%A5%9E%E9%87%8E%E5%BF%97-%E9%9A%86%E5%85%89/dp/4061494368/ref=la_B001I7B9WM_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1515078360&sr=1-1

四国と都農

 都農を含む児湯郡には四国とりわけ高知や愛媛からの移住者が多いように思われる。ここでいう移住者は近年の話ではなく、江戸時代以前の話である。

 柳田国男も椎葉に向かうためこの地を通った際に以下のように述べている。

 宮崎もまた純然たる新開地の町でありまして、土語方言というものだなく、諸国語の混合であります。この土地で最も勢力のあるのは、伊予の宇和地方の者であります。高鍋の北なる河南村の高原、美々津、細島地方より、西臼杵郡高千穂地方、すなわち三田井附近にも移住者がはなはだ多く、新開地の状態を呈して居るのであります。

(「柳田國男全集5巻、『九州南部地方の民風』」,柳田国男,筑摩書房,1989年)

「九州南部地方の民風」について - ひょうすんぼ

 

 また宮崎弁は豊日方言に分類され、大分県や福岡県東部の方言と近い構造になっている。豊日方言は九州の他の地域の方言と比較して本州や四国に近いものとなっている。これは豊日地域と本州や四国との交流が盛んなことの証左であろう。

 

 まだ資料不足でほとんど何もわかっていないのだが、これから調べていきたい。

PR動画

 都農のPRをする動画が公開されている。

宮崎県「つの町」(都農町PV) - YouTube

 

 近年の動画サイトの躍進や国からの交付金の兼ね合いもあってこういったPR動画を公開する自治体が増えている。

 率直に述べるならば都農のPR動画は良くもなければ悪くもない。魅力を伝えてはいるし、まとまってはいる。だが記憶に残るようなインパクトはない。公開から一年以上経っても再生回数は3000回にも満たない。

 

 同じ宮崎県内の小林市の動画は、市のPRをしながら、ある仕掛けによって見た人が誰かに話したくなるようになっている。(ネタバレになるので中身は言えない)

www.youtube.com

 実際に再生回数も230万回と都農の1000倍で、多くのネットメディアに取り上げられている。

思わず2度見る!話題の小林市PR動画 衝撃のオチ、まんまとハマる - withnews(ウィズニュース)

 

 また都農の隣に位置する日向市の動画はストーリー仕立てのPRによって印象に残るようになっており、再生回数も80万回に達している。

www.youtube.com

 

 両市とも独自に動画を作ったわけではないであろうし、動画製作者や広告代理店の手腕によるところも大きいであろうが、こういうPR動画によっていわゆるバズることを狙ってみてもよいのではないのかと思う。