ひょうすんぼ

宮崎の田舎町、都農町についてとその他色々

このブログについて

 当ブログでは宮崎県の中部にある田舎町、都農町に関連する事柄についてを記事を書いていきます。記事の中心は民俗的あるいは歴史的なものとなりますが、都農町の魅力についてもPRできたらと思います。

 ちなみに当ブログの名前になっている「ひょうすんぼ」とは、カッパのことです。都農のあたりではカッパの伝承がいくつかあり、河童塚という塚もあります。記事としてまとめたので、興味のあるかたは読んでいただけるとうれしいです。

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

 

 なお私は都内在住の大学生であり、都農についての細かい質問についてはお答え出来ないかもしれません。ご容赦ください。

f:id:ekusuto168:20160822113157g:plain

みやざきコンスマガイド -都農町-

 

都農町観光協会

都農の方に聞きたいこと 改訂版

 以前も同様の記事を作成したのだが、半年以上経って聞きたいことも変化したので、改めて作ることにした。

 各質問に関連した記事を質問の下にリンクしたので、興味のあるかたは覗いてみてください。

 これらの質問以外の関することでも何かありましたら、コメントしていただけると幸いです。

 

尾鈴山を「ささが丘」や「ほこの峰」と呼んだこと、あるいは呼んでいるのを聞いたことはあるか。

 1955年の都農町史にそう呼ぶとする記載があった。

日向国都農町史 - ひょうすんぼ

 

②「湯ノ本」の地名の由来について聞いたことはないか。

言い伝えが二つあり、信憑性がありそうな言い伝えより、信憑性がなさそうな言い伝えが膾炙している。

湯ノ本 - ひょうすんぼ

 

③「勘十爺が頭」という言葉は今でも使うか?

 都農では以前は「勘十爺が頭」という言葉を使っていたそうだが、今の若い人はほぼ使っていないように感じる。

勘十爺の頭 ※追記あり - ひょうすんぼ

 

④都農を「つのう」と呼んだり聞いたりしたことはあるか

 1970年以前の資料において都農に「つのう」とるびが振られることが多い。

都農の読み - ひょうすんぼ

 

⑤津野という地名を都農で見たことがあるか
 江戸中期までは明らかに都農とは別に津野という地名が存在していたが、江戸後期には消えている。

「都農」の由来について - ひょうすんぼ

 

⑥都農神社で饒速日命ニギハヤヒ)を祀っていたという話しを聞いたことはないか

 尾鈴神社の祭神は饒速日命であり、惣国風土記には都農神社で饒速日命を祀っていたという記述あり。惣国風土記偽書の可能性が高いとされているが、何の根拠もなく饒速日命を祭神とするであろうか。

日向国都農町史 - ひょうすんぼ

 

⑦都農の夏祭りでは何故太鼓台をぶつけているのか聞いたことはないか

 例えば兵庫県にある妻鹿のお祭りでは、神功皇后が船についた牡蠣を落とすために船をぶつけたのを起源としている。

都農の祭り - ひょうすんぼ

 

⑧「ひょうすんぼと粽」という伝承を聞いたことはないか?

 都農町史に「ひょうすんぼと粽」という話があるという記述があったが、話しの中身が掲載されていない。

 

 三輪さんがいらっしゃれば

⑨三輪という苗字を名乗っているわけ、あるいはどこかから移住して来たかなどという言い伝えを聞いたことはないか
 都農神社付近に異常に三輪姓が集中しており、移住してきた可能性が高い。

都農神社と三輪氏 - ひょうすんぼ

 

三輪姓が高密度分布を示す市町村の一覧表

f:id:ekusuto168:20170108001458g:plain

(日本苗字分布図鑑 http://myozi.web.fc2.com/autumn/zukan/frame/f000403.htm

何故郷土研究か

 前回の記事のように郷土研究とは異なる内容を書くこともある。一応このブログの内容は郷土研究が中心となっている。

 では何故郷土研究なのか。

 私が把握している限りでは大学の周りに郷土研究をしている人はいない。趣味として取り組もうという人はあまり多くないであろうし、仮にいたとしても若い人にはほぼいないであろう。

 郷土研究を初めた理由についてきちんと考えてみると、歴史や民俗が好きで、さらに都農が好きだからということは浮かんでくるが、よくよく考えると祖父の影響が大きいのだと思う。

 五年ほど前に祖父が亡くなった時、私はまだ高校生だったのだが、当時は都農のことがそれほど好きではなかったし、毎日楽しく生きることしか考えていなかった。だが祖父の葬儀の際に、祖父の人生について考えてみた。

 祖父は生まれてから死ぬまでほぼずっと都農にいた。かつてはどうであったか知らないが、少なくとも私が物心がついて以降は年に一度の家族旅行すら嫌がり、前日まで毎回渋っていた。

 都農が好きというよりは、都農以外の世界をそれほど知らないからずっと都農で暮らしていたのだろうと思う。グローバリズムが広がりを見せる中で、ある意味真逆な生き方をしていたわけである。

 少し話は飛ぶが、大学の入学式で私の大学の当時の総長は「タフでグローバル」であれといっていた。それと真逆な生き方をしても幸せそうに祖父は生きていた。

 経済的に豊かとは言えず、華やかであったとは言えないが、自分の仕事や家族に誇りを持って生きれたらそれはそれで幸せなのだと思う。

 自分は東京で暮らしている以上祖父のような生き方をすることは無理なのはわかっているが、祖父が幸せそうに生きた都農はどういう町だったのか知りたいと思い郷土研究を始めた。

 

 

 

 

民俗学の学際性

1、学際性の必要性

 島村恭則氏は「フォークロア研究とは何か」[i]の結びにおいてフォークロア研究の学際性を強調している。

 

 もう一つあらためて注意しておきたいのは、フォークロア研究は、人文社会系諸学の学際的状況の中で成立するものだということである。[ii]

 

 同氏によればフォークロア研究とは民俗学を批判的・継承的に発展させたものであるため、民俗学と異なる部分もあるが、民俗学及び他の学問の発展のためにも民俗学の学際性は必要といえるだろう。

 民俗学の学際性について検討される際、多くの場合は隣接している社会学歴史学文化人類学が取り上げられる。島村恭則氏もそうである。しかし他の学問との関わりも考えてみるべきであろう。

 そこで本論では私自身が所属している学部の関係から法学と民俗学との関わりを考えていく。振り返ってみれば民俗学創始者たる柳田国男も法学部卒業であり、日本国憲法審議会に参加していることなどから、民俗学と法学は少なくとも柳田の思考枠組みの上では関わりを持っていたといえるだろう。

 

2、法学と民俗学

 法律が人々のあり方を制約する以上、法学と民俗学の距離は近いといえる。法学の中でも、民俗学にとって関わりが深いのは家族法であろう。以下で家族法民俗学について検討していく。

 

 「家」制度の残滓をほぼ一掃し、形式的な男女平等を実現した新しい家族法は、戦後の日本社会の形成に大きな役割を果たしてきたといってよい。習俗はつねに法律によってリードされてきたのである。[iii]

 

 ここで述べられているように習俗が法律という外生的制度によって動かされることは否定し難いであろう。一般的な人々を研究する民俗学は一般的な人々の行動を制約する法律を常に念頭に置いて考える必要がある。

 

 ところが、1980年代以降、状況は変わりはじめる。戦後30年を経て、ようやく習俗が法律を追い越す兆しをみせているのである。現行法の不備が語られ、手直しが考えられはじめている。[iv]

 

 また現実の習俗に対応しきれなくなった法学の側からも民俗学が求められているといえる。理論的枠組みや規範としての法学はおいておくとして、少なくとも現在の人々のあり方については民俗学の方が法学よりもより正確に捉えているはずであり、何らかの知見は提供出来るだろう。

 例えば夫婦の姓のあり方や、生殖補助医療の登場、扶養義務など多岐に渡る問題を家族法は抱えている。そもそも家族とは何かという議論も展開されている。大村敦志によれば1947年に制定された戦後の新民法は引き算で応急処置的に作られたものであり、現行の家族法は限界を迎えつつあるのであろう。

 先月120年ぶりの債権法大改正がなされたこともあり、法改正の機運は高まっているといえる。このように法改正の機運が高まっている状況下だからこそ、民俗学は現実の人々のあり方についての知見を提供し、法学の発展に大きく貢献出来るだろう。

 

 

[i] 島村恭則 「フォークロア研究とは何か」 (『日本民俗学』278号 2014年5月)

[ii] 同上

[iii] 大村敦志 「家族法 第3版」 有斐閣法律学業書 2010年

[iv] 同上

都農町の誕生

1、明治維新

 1869年の版籍奉還に伴う藩政改革で現在の都農町に属する地域は川北郷都農町とされた。都農町は商店街がある地域一帯で、川北郷はそれ以外の地域だと思われる。

 その後同年10月には北庠という名で両地域は統一される。翌年にはまた北郷という名前に、さらにまた翌年には川北村という名に変わる。

 さらにそのまた翌年には地方行政区の設置に伴い都農村と川北村に分置された。

 所属する県の移り変わりなどはあるが、その後しばらくはこの状態で安定することになる。

 余談だが都農の所属する県は

高鍋県→美々津県→宮崎県→鹿児島県→宮崎県

 と激しく移り変わっている。

 

2、都農村の誕生

 1888年に県が主導して県内の町村の統合を進めることとなる。

 都農では都農町と川北村が統合をすすめる。両村長とも同一の役場で同一の戸長が行政を行っていたので、統合にあたって大きな問題はなかった。先に見たように別々の行政区としての歴史も長くはない。しかし村名については対立が生じ、当時の戸長が知名度のある都農を村名とすることとした。その名残として現在も大字川北が都農町全域で使われる。

 都農村が成立すると、初の選挙が行われ、村長が選ばれた。

 

3、都農町

 1920年には、人口の多さなどを鑑みて村から町となった。

 その後1950年代には美々津との合併運動があり、平成の大合併の際には都農、川南、高鍋、木城、新富の合併交渉があったが、いずれも上手くいかず、現在にいたるまで町域は変化していない。

 

 

 

都農の歴史⑦ 戦後

1、戦後

 戦後都農への復員者は約1300名、引揚者は約700名と合計2000名が都農に帰ってきた。しかし当時の日本は国土の荒廃と食糧難、激しいインフレに悩まされており、都農もその例外ではなかった。そのため長野、牧内、都農牧場へ入植が進められ、約200戸が入植したものの、その多くが離農した。

 GHQ主導の下行われた農地改革により、都農町内でも自作農が増加し、94%が自作農となり、戦前の二倍となった。

 1954年から57年にかけて、美々津町との合併運動が行われた。結果的には日向市と合併することになったが、この時期の都農は高校の誘致や、町立病院の設立など活気を見せていた。

 人口は1950年にピークを迎え、1万5760人となったがその後緩やかに減少し、1965年には1万3000人ほどとなる。30年ほど人口は横ばいとなっていたが、90年代に入るとまた人口減少が始まり、現在は1万人をわずかに超す程度にまで減っている。

 他に特筆すべきこととしては1977年のリニアモーターカーや1996年の都農ワイナリーの開設があげられるだろう。

 町史は1998年発行のため、それ以降のことは載っていないが、重大事項としては児湯郡内での合併交渉、道の駅つのの開設、ふるさと納税の好況や、東九州自動車道の開通などがある。

都農の歴史⑥ 近代 大正・昭和前期

1、大正時代

  大正9年に都農は村から町へと移行する。都農は児湯郡内でもっとも有権者数が多く、人口も川南と僅差の二番目であった。(町史では人口が郡内で一番とされているが誤記だと思われる。)

 さらに大正10年には日豊本線が都農まで延び、商業、農業、教育など様々な面で都農に大きな影響をもたらした。また大分県から三日月原を中心とした町内への移住が進んだという。 

 大正時代は15年と短いものの、その間に都農町の人口は1.3倍になり一万人に届くまでに増えている。自然増もあるが、県内外からの移住者が多かったようだ。

 

2、昭和前期

 昭和元年には町の人口が一万人を越えた。さらに昭和二年には県立案の開拓移民計画により、三日月原へ多くの人が移住してきた。

 しかし第一次世界大戦後の相次ぐ不況に都農もあえでいた。その中で昭和七年に失業救済事業として福浦湾での港の建設が進められ、都農港が昭和十一年に完成した。

 以降日本は戦争に突き進んでいく。戦時下の都農については以前まとめたので、そちらを参照してください。

 

戦時下の都農 - ひょうすんぼ