ひょうすんぼ

宮崎の田舎町、都農町についてとその他色々

このブログについて

 当ブログでは宮崎県の中部にある田舎町、都農町に関連する事柄についてを記事を書いていきます。記事の中心は民俗的あるいは歴史的なものとなりますが、都農町の魅力についてもPRできたらと思います。

 ちなみに当ブログの名前になっている「ひょうすんぼ」とは、カッパのことです。都農のあたりではカッパの伝承がいくつかあり、河童塚という塚もあります。記事としてまとめたので、興味のあるかたは読んでいただけるとうれしいです。

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

 

 なお私は都内在住の大学生であり、都農についての細かい質問についてはお答え出来ないかもしれません。ご容赦ください。

 更新は二週に一度土曜日となっています。

f:id:ekusuto168:20160822113157g:plain

みやざきコンスマガイド -都農町-

 

都農町観光協会

南原繁と折口信夫による神道普遍宗教化の試み③

キリスト教との関わり

 両者ともに普遍宗教であるキリスト教との関わりが、神道の普遍宗教化を展開する背景になったと思われる。

 南原は21歳のときに内村鑑三の影響によってキリスト教無教会主義に入信し、以降も信仰を続けている。だからこそ以下のように神道を普遍宗教にしようと試みたのである。

 民族宗教的な日本神学からの解放は、単なる人文主義理想よって代置し得られるものでなく、宗教に代うるには同じく宗教をもってすべく、ここに新たに普遍人類的なる世界宗教との対決を、いまこそ国民としてまじめに遂行すべき秋であると思う。」[1]

 一方でキリスト教と無関係なように見える折口もキリスト教の影響を受けている。そもそも民俗学は江戸時代以前の国学の系譜をひいており、折口の師匠である柳田国男の父も平田派の神官であった。そして平田篤胤キリスト教の影響を大きく受けていたのである。そのためキリスト教の思想が民俗学にも流れていたと思われる。

 また折口は終戦前にキリスト牧師集団に聞いた話に大きな衝撃を受けている。

 「「アメリカの青年達は、我々と違って、この戦争にえるされむを回復する為に起された十字軍のような、非常な情熱をもち初めているかもしれない」という詞を聴いた時に、私は愕然とした。」[2]

 こういった経験から折口信夫神道普遍宗教化の着想を得たと思われる。

 

天皇人間宣言が与えた影響

 両者ともに天皇人間宣言によってその神格化が否定されたことを神道普遍宗教化の重要な契機としている。

 「本年初頭の詔書はすこぶる重大な歴史的意義をもつものといわなければならぬ。すなわち、天皇は「現人神」としての神格を自ら否定せられ、天皇と国民との結合の紐帯は、いまや一に人間としての相互の信頼と敬愛である。これは日本神学と神道的教義からの天皇御自身の解放、その人間性の独立の宣言である。

 それは同時に、わが国文化とわが国民の新たな「世界性」への解放と称し得るであろう。なぜならば。ここに初めて、わが国の文化がわれに特殊なる民俗的宗教的束縛を脱して、広く世界に理解せらるべき人文主義的普遍の基礎を確然と取得したのであり、国民は国民たると同時に世界市民として自らを形成し得る根拠を、ほかならぬ詔書によって裏づけられたからである。」[3]

 

 「神道と宮廷とが特に結ばれて考へられて来た為に、神道は国民道徳の源泉だと考へられ、余りにも道徳的に理会されて来たのであう。この国民道徳と密接な関係のある神道が、世界の宗教になることはむつかしい。(中略)しかしながら天皇は先に御自らの「神」を否定し給うた。それにより我々は、これまでの神道と宮廷との特殊な関係を去ってしまつた、と解してよい。」[4]

 以上で引用したように神道が日本国民のみの教義から脱却して、普遍宗教になるためには天皇人間宣言は不可欠なものであったため、両名とも同様の議論を展開した。

 

[1] 南原繁 同上

[2] 折口信夫 同上

[3]南原繁 同上

[4] 折口信夫 同上『民族教より人類教へ』

目次

年末ということで整理も兼ねて目次を作成しました。

古い記事は後に考えを改めることが多いので、目次にある記事を中心に参照してください。

 

・都農の地名についての考察

都農と津野① - ひょうすんぼ

都農と津野② - ひょうすんぼ

都農と津野③※補足 - ひょうすんぼ

 

・尾鈴山についての広範な考察

尾鈴山について 再考①尾鈴山と都農神社 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考②信仰の起源 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考③尾鈴山と饒速日命 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考④ 尾鈴山の呼称 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考⑤-1 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

尾鈴山について 再考⑤-2 尾鈴神社と廃仏毀釈 - ひょうすんぼ

 

・都農に多い三輪氏についての考察

三輪氏について - ひょうすんぼ

 

・都農神社が一宮であることについての考察

何故都農神社が一宮なのか① - ひょうすんぼ

何故都農神社が一宮なのか② - ひょうすんぼ

 

柳田国男が宮崎を訪れた際に書いた著作に対する批判

「九州南部地方の民風」について - ひょうすんぼ

 

・ブログのタイトルにもなっているひょうすんぼについてまとめたもの

ひょうすんぼについて - ひょうすんぼ

南原繁と折口信夫による神道普遍宗教化の試み②

4、南原と折口の比較

 ①戦前の学問的業績

まず両者の戦前の学問的業績に着目したい。

 南原は「基督教の「神の国」とプラトンの国家理念-神政政治思想の批判の為に-」(1937年)や「国家と宗教―ヨーロッパ精神史の研究―」(1942年)など、キリスト教と国家や共同体の関わりを扱った著作を残している。

 一方折口は「古代研究」(1929年)や「古代人の信仰」(1942年)などで宗教としての神道のあり方を模索している。

敗戦を意識していたわけではないであろうが、戦前から準備していたからこそ、その思想を発展させる形で神道の普遍宗教化の試みを発表することが出来た。両者とも50代後半と学者として円熟味が増していたことも無関係ではないであろう。

 

②敗戦との向き合い

 両者とも戦前の神道のあり方が敗戦につながったとする。しかしながら両者の大戦との向き合い方は微妙に異なる。

 「かようにして中日事変は起こり、太平洋戦争は開始せられ、そして遂に現在の破局と崩壊に導かれたのである。事ここに到ったのは軍閥ないし一部官僚や政治家の無知と野心からのみでなく、その由って来たるところ深く国民自身の内的欠陥にある。

それは何か。国民には熾烈な民族意識はあったが、おのおのが一個独立の人間としての人間意識の確立と人間性の発展がなかったことである。」[1]

 上記で述べているように、南原は戦争を引き起こした原因を戦前の国体や日本神学に求めている。

 一方で折口は戦争が起きた原因ではなく、戦争に負けた原因を戦前の神道に求めている。

 「神様が敗れたということは、我々が宗教的な生活をせず、我々の行為が神に対する情熱を無視し、神を汚したから神の威力が発揮出来なかった、と言うことになる。つまり、神々に対する感謝と懺悔とが、足りなかったということであると思う。」[2]

 この両者の違いは、普遍宗教の信仰のあり方にもつながる。

 「およそ人は人間性をいかに広く豊潤に生きえたとしても、それだけでは真に人間個性の自覚に到達することは不可能と考えなければならない。それには必ずや人間主観の内面をされにつきつめ、そこに横たわる自己自身の矛盾を意識し、人間を超えた超主観的な絶対精神-「神の発見」と、それによる自己克服がなされなければならない。」[3]

 このように南原は普遍宗教の信仰をあくまで人間性の発展の手段であると捉えている。だが折口は先に見たように宗教における情熱を重視したために、情熱的な信仰を生み出しうるキリストやヤハウェのような教祖を求めた。

 「宗教は自覚者が出で来ねばならぬので、そう注文通りには行かぬ。だからその教祖が現れて来なければ我々の望むような宗教が現れて来ないのは当然だ」[4]

 

[1]南原繁 「文化と国家」、(『新日本文化の創造』)東京大学出版会、2007年

[2]折口信夫 「折口信夫全集 第二十巻」『神道宗教化の意義』、中央公論社、1967年

[3] 南原繁 同上

[4] 折口信夫 同上

南原繁と折口信夫による神道普遍宗教化の試み①

1、はじめに

 本論では、南原繁折口信夫が敗戦直後の日本において行った神道普遍宗教化の試みについて比較検討する。

敗戦直後の時期に日本の思想的基軸を模索した人として他に高坂正堯ら京都学派や柳田国男などがあげられる。その中にあって南原、折口の両名は、キリスト教を参考に神道を普遍宗教化しようとするという似通った思想を展開した。政治学民俗学という異なった分野を探求する、それぞれの分野の第一人者が、似た思想に同じ時期にたどり着いた背景は興味深く、本論で探っていきたい。

 

2、南原繁神道普遍宗教化の試み

南原は1946年2月の紀元節に東大で「新日本文化の創造」と題する演説を行った。この演説の中で南原は神道普遍宗教化について述べた。以下で要約する。

 南原によれば先の大戦の原因は、国民に熾烈な民族意識がなく、おのおのが一個独立の人間としての確立と人間性への発展がなかったことにあるという。そのために人間個人が国体の観念にあてはめられ、自己判断の自由が拘束されてしまった。

 しかし敗戦後に天皇人間宣言を行ったことで神道的教義から天皇が開放され、日本の文化が特殊な民族宗教的束縛を脱することが出来た。単に開放されるだけでは人間の完成をみることは出来ない。人間主観の内面をつきつめ、人間を超えた超主観的な絶対精神すなわち「神の発見」とそれによる自己克服が必要である。そのためには新たな国民精神の創造をしなければならない。

 

3、折口信夫神道普遍宗教化の試み

 折口は1946年から1949年にかけて「民族教より人類教へ」や「神道宗教化の意義」、「神道の新しい方向」といった論考の中で神道の普遍宗教化について考えている。以下で要約する。

 折口によれば先の大戦の敗因は、国民の宗教的情熱が足りなかったゆえに神が威力を発揮出来なかったことにあるという。そもそも戦前の神道のあり方は誤っていた。しかし天皇人間宣言によって宮廷と神道が分離され、神道が普遍宗教化する機運を得た。神道を祖先信仰から切り離して神学体系を整備し、宗教的自覚者が現れるのを待たねばならない。

 

永友司日記①

 定期更新が途絶えてしまい、申し訳ないです。

 可能な限り長く続けられるよう2週に一度の更新を目安にしばらくは続けていきたいと思います。

 

 都農神社のホームページで永友司日記が読めるようになっている。

http://w01.tp1.jp/~sr09697901/tunoookamisaidpage22.html

 プライベートについての日記というよりは、業務日誌のようなものとなっている。

 

 ホームページの紹介にある通り、永友司は都農神社の神主を務めたがもとは高鍋八幡宮の神主であった。

 都農神社の神主は江戸時代は代々金丸氏が務めてきた。遅くとも1578年には都農神社の神主を務めていたことは文字資料によって確認出来る。また江戸時代に神主職が金丸氏によって受け継がれていたことも文字資料によって確認出来る。金丸氏は現在、八坂神社を中心として都農町内の神社の大半の神主を務めている。

http://w01.tp1.jp/~sr09697901/picturepage/tunojinjyahistory.pdf

 一方永友氏は断続的にではあるものの、都農神社の神主を務めており、現職および先代の神主は永友氏となっている。

 明治に入ると、国幣社の神主は国からの任官制となった。都農神社も国幣社であるため、神主は任官制となったと思われる。

 しかし金丸氏から永友氏への神主の交代は、江戸時代末期の1862年に起きた。金丸氏の跡取りが13歳と幼年であったことが、理由となっているが、永友司日記をもとに確認したい。

  

定期更新休止

 週に一度毎週土曜日更新という形で続けて来ましたが、記事のネタ不足に困っており、しばらく休止したいと思います。

 今後は不定期更新という形をとります。夏には都農にいくため8月中にはまとまった内容をかけるかなと思っています。

 もし楽しみにしていた方がいらっしゃったら申し訳ないです。

 コメントのチェックは行うので、気兼ねなくコメントしていただけたらと思います。