読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうすんぼ

宮崎の田舎町、都農町についてとその他色々

都農の諸神社 その二

 今後は5日に一度の更新という形で、定期的に更新していこうと思います。

 

1.瀧神社

 ワイナリーに行く途中にあります。かつては都農神社の奥宮であったようです。その名の通り、社殿の裏に滝があります。滝といっても水量は少なく水が滴り落ちる程度です。

 境内の掃除をしている方にお話しを伺うことが出来ました。その方によるとこの滝には龍神様が2匹いるとのことで、その方は毎月卵を2個奉納しているそうです。龍神に卵を奉納するのはよく見られるもので、近くでは西都の速水神社で見られます。

 瀧神社にはお大師様と不動明王の像が奉納されているのですが、それもその方が奉納したそうです。何故その方がそこまで瀧神社を厚く信仰しているのかも話してくださいました。その方は若い頃に不幸がありバスに乗って都農から出ようとしたのですが、バス停で見たことない白髪の老人に話しかけられ予言めいたことを言われ、都農に残るように言われたのだそうです。そしてその予言が後に的中することになったため、それ以降この神社を厚く信仰するようになったとおっしゃっていました。また生死をさまようような病で入院したとき龍神様が目を覚ませと言って助けてくれたとも語っていました。弘法大師は夢に出てきたため奉納し、不動明王は以前から何歳になったら奉納すると決めていたそうです。

f:id:ekusuto168:20170324214315j:plain

f:id:ekusuto168:20170324215704j:plain

 

2.都農牧神社

 瀧神社のすぐ近くにあります。この付近ではかつて馬の放牧が行われていて、その守り神としてこの神社は建立された。畜産関係者の信仰を集めているのだろう。脇に口蹄疫を受けての畜魂碑があった。

 写真ではわかりにくいのだが、社殿の奥に岩山がある。社殿の右から細い道を登って上まで行くことが出来る。都農は岩盤の上にあるとはいえ、ここまで岩盤がむき出しの場所も珍しい。岩盤が褶曲して表面に出てきているようで地層が確認出来る。岩山の上には祠がある。いくつか石碑もあったが文字を読み取ることは出来なかった。

 以前も書いたのだが、吐乃大明神が宿る吐濃ノ峯と言う峯はこの岩山ではないかと考えている。都農町内で有名な尾鈴山は韜馬ノ峯として登場する上に他に目ぼしい峰もない。瀧神社が以前都農神社の奥宮であったなら、この地が都農神社の境内に含まれていてもおかしくはない。

f:id:ekusuto168:20170324214145j:plain

f:id:ekusuto168:20170324214154j:plain

f:id:ekusuto168:20170324214310j:plain

f:id:ekusuto168:20170324214319j:plain